服部天神のランチ・はな太鼓

の評判

麺と肉にこだわった美味しいランチを服部天神でご提供

阪急宝塚線服部天神駅近くで、大阪、京都、兵庫へまたがる幹線道路176号線沿いにお店の拠点を構えています。麺と肉にこだわりを持ち、国産100%の素材で作るうどんは、多くの方に好評をいただいています。毎日調整する麺の仕込み具合や、元焼肉店の経験のある店主が、独自の仕入れルートでお客様にお届けする肉の他に、出汁や加える食材まで、すべてにオリジナル性と工夫をふんだんに盛り込んだ、他では味わえない感覚や味わいとなっています。ランチメニューもご用意しています。

新しいうどんの世界を堪能できる服部天神のランチ

歴史と由緒ある神社の近く、大阪府・京都府・兵庫県をまたぐ幹線道路176号線沿いに店舗を構えており、電車やバスからのアクセスもしやすく、お立ち寄りいただきやすいロケーションです。本格的なうどん専門店として地元に密着し、お客様の「笑顔」や「美味しい」の一言をお聞きするために、すべての素材と味にこだわったうどんをお届けしています。中でも、麺とホルモンに特化した名物のうどんが人気を呼んでいます。
麺の材料として多くを占め重要な決め手となる小麦粉は、厳選した国産のものを選び、オリジナルの配合で毎日の気温や湿度の違いによって仕上げの調整を妥協なく行っています。また、元焼肉店の店主を務めた経験から、肉の独自の仕入れルートを持ち、国産で卸直送のホルモンなど、新鮮さにこだわった、他では味わえない感覚をご堪能いただけます。麺だけでなく、肉も主役になりえるうどんの世界を作ってまいります。

他にはないランチメニューを服部天神からお届けします

大阪府豊中市の南部に鎮座する由緒ある神社は、関西で「足の神様」として知られています。「服部」との地名は、その昔、中国からの渡来人である秦氏が朝鮮を経由して日本へたどり着き、この地に住み着いたことで付けられた地名です。中国からこの地に機織りの技術を伝えたとされており、秦氏が信仰していた「医薬の神・少彦名命」を祀る神社として開かれました。
歴史あるこの土地で、麺とお肉と空間づくりにこだわりを持ってうどん店を運営しています。すべての食材を国産のものを取り扱い、毎日の天候の変化により違ってくる気温や湿度に合わせて、麺の仕込みを調整しています。また、以前焼肉店の店主を経験して肉を独自のルートで仕入れることができ、他にはないメニューとして、訪れていただいたお客様にご満足いただいています。もつや牛タン、ホルモンなどを、うどんの具材として採り入れており、筋がなく柔らかいとの好評をいただいています。

由緒ある服部天神でくつろげるランチ空間をご提供します

中国から渡来した秦氏がこの地に住み着いた後、数百年がたった頃、菅原道真公が無実の罪を着せられ、九州太宰府へ左遷のため任地に赴く途中、この地で足の持病が発病し、動けなくなりました。その時、村人たちに勧められ服部天神宮に祈りを捧げたところ、たちまち健康を取り戻し、任地へたどり着けたとの言い伝えがあります。その後、菅原道真を主祭神として祀っており、毎日たくさんの方がお参りに来られ、この神社でいただけるわらじのお守りを持ってお礼参りされる方も多くおられる、歴史と由緒ある地域です。
この由緒ある地で、多くのお客様に「美味しい」との好評いただいているうどん店を運営しています。居心地の良い空間を心がけており、カウンターや壁の色、照明の明るさなどにもこだわった店内にしています。ランチもご用意しており、ゆっくりと寛ぎながらお食事を楽しんでいただけるよう心がけています。